妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII 監督:山田洋次

☆☆☆☆☆☆☆☆★★(8点)
平田家の騒動が描かれるシリーズ3作目。今回は長男幸之助(西村まさ彦)の妻史枝(夏川結衣)が主婦をやめて家出するという話。史枝が家事の疲れでうたた寝してたところを泥棒に入られて彼女のへそくりを盗まれ、それを知った幸之助が「俺の稼いだ金でへそくりしてたのか」と暴言を吐いたのが事の発端。もともと働きたい気持ちがあり、趣味のほうでもフラメンコをしたかった史枝は、日ごろたまった疲労とストレスから、夫の言葉に切れてしまった。二世帯で暮らしてるので、家事をほぼ一人でやらないといけないというのは相当な負担だったにちがいない。義母の富子は趣味だの腰痛だのであまり戦力にならず、義父の周造や息子二人も家事は史枝まかせだ。共働きの世帯が多いこのご時世、家事については家族でどうバランスをとるかのほうが切実な問題と思うが、共働き世帯でも史枝のように一方的に負担を強いられてるケースは多いのかもしれない。家族もののコメディーとして今回もとても楽しめたが、史枝のその後がはっきりせず、ちょっともやもやが残った。次回作では幸之助や周造や息子たちが進んで家事をしてるようなシーンがあるだろうか? あるいは史枝が仕事を始めてるとか。それはともかく、あれくらいで幸之助を許してしまう史枝に対し(史枝にというよりその展開に)、不満をもった観客はわりと多いような気がする。でもきっと史枝も戻りたいという気持ちのほうが強くて、きっかけがほしかったのにちがいない。


妻よ薔薇のように 家族はつらいよlll [Blu-ray]