友人宅のちゃんぽんと太宰府の梅ヶ枝餅

3月29日(日)。休み。今日は福岡県筑紫野市の友人Nさん宅へ。Nさんのお母さんの作るちゃんぽんがおいしいと聞き、ちゃんぽん好きとしてはぜひご馳走になりたい、という話になって早一年、やっと食べれる。

 

まるでお店の味。このスープの濁りは鶏ガラやとんこつではなくて、牛乳を足した色らしい。なにも加えてない段階の出汁を飲ませてもらったら、純和風の味。完成形の味とぜんぜん違う。ひとり分ずつ丁寧に作ってくれて、すなもけっこう食べた。

 

雨のなか、筑紫野市大字原の「はっぱねっこベーカリー」へ。このあたりに来るたびに立ち寄るパン屋。

 

はっぱねっこベーカリーの収穫。食パン、あんぱん、紅茶とりんごのパン、さつまいものリュスティック。

 

ここのパン屋のパンはいい色をしてる。

 

太宰府の参道を散歩。雨と風が強くなり、けっこう寒い。

 

梅ヶ枝餅の有名店「かさの家」。なぜかこのお店ばかり行列ができる。やっぱりおいしいのだろうけど、他との違いがまだわからない。梅ヶ枝餅はどこで買ってもおいしい。

 

5個入りを持ち帰りにし、それとは別に2個をその場で食べる。1個はすながひとりで完食。

 

それと、清風堂というお店でカステラを購入。レモンカステラとチーズカステラふたつ。ざらめがついてないのがうれしい。今日太宰府方面にやってきた目的は友人Nさんのお母さんのちゃんぽんもあるけど、もうひとつはNさん立ち上げの古本屋見学。まだオープンはしておらず、お店もリフォーム前。太宰府にいい本屋が現れそうだ。