大楠のパンと牧のうどんと鏡山と姉子の浜

10月3日(土)。仕事休み。西へ日帰りの旅。まず、糸島市二丈福井のパン屋「大楠」へ。

 

大楠の収穫。トマトとベーコンとチーズのパン、バジルと枝豆のホワイトクリームのパン、きな粉とあんこのパン、焼きそばパン。

 

アットホームな雰囲気で気さくな店主のパン屋。町のパン屋さんという感じだけど、糸島でもトップレベルにおいしいと思う。

 

すぐ近くの二丈浜玉道路沿いの「牧のうどん」で昼ごはん。みそうどん、わかめうどん(大盛り)、かしわごはん。わかめうどんはりこさんとすな。すなは牧のうどんのわかめはよく食べる。

 

このあいだひさしぶりにみそうどんを食べ、あらためておいしいと思ったので、今日も注文。いも天うどんが登場するまで、みそうどんが続きそう。

 

佐賀県唐津市の鏡山へ。先週も唐津に来たけど、再び。唐津は流れる時間がゆったりしていて落ち着く。地元の子供たちをみると、妙になつかしい。

 

展望台からの眺め。ここで、おやつ休憩。犬連れの家族がいて、すなが野菜スナックをあげようとするので制止。

 

帰りに、糸島市二丈鹿家の姉子の浜へ。すなは海に入り、スカートとパンツをびしょ濡れにして帰ってくる。

 

釣りをしている人もいる。しばらく海を眺めたあと、読書。最近、法律系の映画やドラマをみることが続き、ちょっと興味が湧いたので、漫画「家裁の人」を図書館から借りてきた。植物好きの判事の話。