グローウェルカフェのカキフライと糸島ハンドメイドカーニバル

10月26日(土)。糸島市志摩のレストラン「グローウェルカフェ」で昼ごはん。一年ぶりくらい。

 

ガラス張りで眺めがいい。外はちょっと肌寒いけど、店内は温室のようになってあたたかい。

 

「どでカキフライセット」。まだ普通のサイズだけど、これから寒くなると、俵おにぎりのようにどでかくなる。これにサラダバーとスープバーがつく。

 

いまだに牡蠣は大人の食べものという印象が強い。生で食べたことはなくて、焼きも食べたことがなくて、カキフライだけ。年に一回か二回食べれば満足する。牡蠣好きの友人はスーパーで売ってるようなのを買ってきて、家でレモンをしぼって生で食べたりするらしい。よくあたらないなと思うと同時に、通っぽいなと思い、ちょっとうらやましい。

 

それと「ポーク唐揚げセット」。サラダバーとスープバー付き。これとカキフライをりこさんとシェア。この豚の唐揚げはかなりおいしく、なにしろグローウェルは「おさつポーク」というさつまいもで育てた豚が売り。

 

すなは「お子様パスタセット」。トマトパスタを食べ散らかし、すなの青い服が悲惨なことに。

 

サラダバーの野菜。敷地内の畑でとれた野菜で、メインをしのぐ主役級のおいしさ。びっくりするほどおいしい野菜なので、これがめあてと言ってもいいかも。りこさんは3回くらいおかわりしてた。ちなみに、写真のドレッシングはコーンのドレッシングで、すごくおいしい。

 

ごはんを食べたあとは、店のまえのデッキをぶらぶら。雑貨屋もあるし、ブランコやすべり台もある。

 

糸島市志摩初の志摩中央公園でやってる「糸島ハンドメイドカーニバル(糸ハル)」へ。先週の「糸島クラフトフェス」に引き続き、今日も糸島の作家さんのお店がならぶ。クラフトフェスより趣向をこらしたお店が多くて、見てまわるだけで楽しい。

 

がまぐちの財布を物色するりこさんとすな。けっきょく何も買わなかったけど、目の保養になった。

 

いちど家に帰り、糸島市神在の「パン工房モーモ」へ。すなが寝てるので、りこさんが買いに。

 

収穫は、和栗あんぱん、レーズンツイスト、安納芋のデニッシュ、バゲット。今日はいつも買うソフトフランスが売り切れており、店員さんが「すみません」と謝ってきたらしい。ソフトフランスを毎回買う人と覚えられてるみたい。

 

夜ごはんはハヤシライス。昼にグローウェルカフェでごはんを2杯たべたし、ライスをよく食べた日。