焼きサバ弁当と、すな対くじら

11月28日(木)。出勤。今日の弁当。サバの塩焼き、豚肉の野菜炒め、さといもの煮っころがし、ゆで卵、ごぼうサラダ、カブとにんじんの酢のもの。

 

りこさんが好きなサバが主役。平日は朝の5時半に起きるのだけど、外は夜のように真っ暗。ここのところ雨模様でよけいに暗い。

 

夜ごはんを準備中、すながじぶんのお皿をテーブルに持っていこうとすると、くじらが邪魔をしており、その場に立ちつくす。絵に描いたように呆然としてる。

 

「だめ!」とすなに叱られ、退散するくじら。ちなみに、しゃちは椅子に座って一部始終をみており、怒られたのは自分じゃないとわかるらしく、居残る。

 

くじらの姿がすっかり見えなくなったのを確認して、お皿を置く。

 

夜ごはん。厚揚げ入りキムチそば、いなり寿司。

 

すなはいなり寿司を2個たべ、そうめんをすする。お腹が減ってたらしく、僕とりこさんの準備を待たずに、ひとり黙々と食べだした。いつもはちゃんと待つから、今日はよほど空腹だったのだろう。くじらとのバトルもそのあたりに原因がありそうだ。