志摩中央公園のコスモスと焼肉の夜ごはん

12月1日(日)。朝早く、すなを連れて糸島市志摩津和崎の「志摩の四季」へ。店に入ると、すなはまっすぐ水槽コーナーへ歩いていく。ここでしばらく魚を観察。ハマチの切り身と大根、にんじん、じゃがいも、しいたけ、チンゲンサイ、みかん、りんごを購入。

 

志摩の四季のあと、志摩中央公園へ。このコースも定番になってきた。

 

ずっと走りまわり、追いかけるのに一苦労。

 

コスモスは見向きもしない。

 

正体のわからない木の実を拾い、そのほかどんぐり3個収穫。

 

「伊都の湯どころ」でお風呂に入り、フランクフルトを購入。帰ってきて夜ごはん。今夜は焼肉。牛ハラミのステーキと豚ばら。

 

肉を焼いてるあいだ、クリスマスツリーの点灯式。

 

肉が焼けてきた。にんじんがホクホクしておいしい。

 

ごはんも炊きあがった。うちには炊飯器がなく、りこさんが土鍋て炊いてる。

 

焼肉の豚は食べやすい。昔は敬遠してたけど、最近は牛よりむしろ好き。

 

今朝買ってきたハマチを刺身で。切り身とはいえ、かなり新鮮。朝のとれたてで、さらに活き締めで鮮度を保ってた魚。こういうのがお手頃価格で売ってるので、糸島の直売所はやめられない。