翻訳 translation

リピートしました「ミツカン 〆まで美味しい 焼きあごだし鍋つゆ」で雑炊

最近、油に目がない黒猫くじら。揚げ物をしたあとのフライパンを舐めることが最大の楽しみ。体によくなさそうだから、見つけたら止めるけど、隠密行動は猫の得意とするところ。気づいたときには満足そうに顔を洗ってる(ごはんを食べたあとの猫の所作、人間のつまようじみたいなもの)。

 

2月2日(火)。昼ごはんは前日の鍋の残りで雑炊。ミツカンの「〆まで美味しい 焼きあごだし鍋つゆ」は先月買ってみて大好評だったのでリピート。鍋つゆにありがちなやたら濃いスープと違って、やさしい自然なダシの味。おいしい。

ミツカン 〆まで美味しい焼あごだし鍋つゆ ストレート 750g×2個 鍋の素
コクがある味わいなので、お鍋はもちろん〆まで美味しく食べられる鍋つゆ(鍋の素、鍋スープ)シリーズです。 焼あごを中心に、かつお、煮干、さば、鶏がら、しいたけ、昆布、計7種のだしをブレンドし、あっさりしていてコクがある味わいに仕上げました。 焼あごとその他のおだしの上品な味わいとコク、香りが素材に染み込み、素材の味を引き...

 

にんじんとブリも合う。冬は雑炊とかお茶漬けとか毎日でもいい。

 

和室の布団置き場で一眠りしていた、くじら。起こさないように静かに近づいたけど、パッと目をひらく。猫の眠りがいつも浅いというのはほんと。

 

すなにとって、くじらは妹。妹を独占したい気持ちが最近強く、僕がいっしょにいると必ず割って入る。「パパはしゃち君!」としゃちをあてがおうとする。ちなみに、しゃち君はメスなのだけど、キャラと顔つきからみんな君付けで呼ぶことが多い。

 

すなの妹を世話するモードが煩わしかったらしく(ついさっきまで寝てたし)、くじらは迷惑そうに一声鳴くが、迷惑を察することがない相手なので効果なし。

 

せっかく人気の寝床を独り占めしてたのに、しかたなく退散。元はといえば、僕が彼女を呼びよせたようなもので、申しわけない。

 

コーヒータイム。豆乳好きのりこさんのイチオシ、マルサンの「豆乳飲料 ちょっと贅沢なCOFFEE キリマンジャロブレンド」。半信半疑で飲んでみたらほんとにおいしい。だいたいこの手の豆乳飲料はやたら甘いのだけど、これはかなり甘さ控えめ。コーヒー好きにおすすめできる味。

マルサン 豆乳飲料ちょっと贅沢なコーヒー キリマンジャロブレンド 200ml ×24本
今までなかった甘くないちょっと大人の味わいです。上品な香りの余韻が広がる、ちょっと贅沢な気持ちを感じる大人の豆乳飲料です。キリマンジャロコーヒーは、タンザニアのキリマンジャロ山麓で栽培されているアラビカ種のコーヒー豆のブランドです。フルーティで甘く芳醇な香りとキレのある酸味とコクが特徴のコーヒーです。

 

昨日の弁当。エビチャーハン、つぼみ菜の炒めもの、甘辛チキン、たまご焼き、アジの南蛮漬け、カブの浅漬け、ごぼうサラダ。

 

つぼみ菜のシーズンは短い。すぐにスーパーで見なくなるので、今のうち。