サバの塩焼き弁当と猫たちの寝床と牧のうどん持ち帰り

5月8日(金)。在宅勤務。朝のウォーキング。小麦畑が金色になってた。歩くときの格好が難しい。最初はちょっと肌寒いけど、30分ほどたつと汗ばんでくる。

 

昼の弁当。サバの塩焼き、ウィンナー、めんたいこ、たまご焼き、ポテトサラダ、ひじき煮、金時豆の甘煮、キャベツとにんじんの酢の物、こんぶの佃煮。

 

レモンを焼き魚にしぼって食べる。

 

くじらとしゃち、それぞれお気に入りのベッドで昼寝。どちらのベッドも元々は小屋のように中に入ってくつろぐタイプだったのだけど、なぜか最初から潰して使ってる。

 

しゃちはエジプトの猫のように足が長めなので、丸くなるとこういう感じになる。

 

夜ごはんは、「牧のうどん」の持ち帰りうどん。麺4玉とスープとネギと天かすで500円。お好みでいろいろ追加できる。うちはいつも厚揚げとわかめをスーパーで買ってきて追加。それと、かしわごはんとポテサラ入りちくわの磯辺揚げ。

 

最近外食をしてないので、ひさしぶりの牧のうどん。しみじみおいしい。