隠れ上手

すなが騒いでると、しゃちは目と耳で(とくに耳で)成り行きを見守る。こっち来るかな? 来るかな? と不安なのかどうか。

 

 

場所を変えて、すなの動向をチェック。風景と化してるので、まさかこの中にしゃちがいようとは、すなも全然気づかない。

 

 

いや、甘かった。居場所がばれて、逃げていくしゃち。すなは最近しゃちの名前を覚え、「かち」とよぶのだが、しゃちは呼ばれるほどに去っていく。