キュア 禁断の隔離病棟 監督:ゴア・ヴァービンスキー

☆☆☆☆☆☆★★★★(6点)

レンタル屋でジャケットをみたとき、この暗い目の俳優どこかでみたと思ったが、観始めてしばらくして「クロニクル」の主役だと気づいた。あの映画は「アキラ」の鉄雄みたいではまり役だった。うちの飼い猫しゃちも暗い目をしており、目力が強いのだけどメンタルは弱い。デイン・デハーンからも同じような印象を受け、そこが彼らの(しゃちはメスだが)味なのかもしれない。「これまで帰った患者はいない」というセリフが出てきたとき、正直いやな予感がした。この病棟から出ようとして連れ戻されてが繰り返されるのかと思うと興味をなくしつつあった。けれどデイン・デハーンは不思議とずっと見ていられる俳優で、映像もけっこう凝っていたので最後まであっという間だった。ただストーリーの核心にある種明かしのところは失敗じゃないかと思う。

 

 


キュア ~禁断の隔離病棟~ [Blu-ray]